¶ 美濃園の概要

美濃園の概要

所在地奈良県香芝市尼寺615番地<尼寺交差点(白鳳台入口)から西方2キロメートル>
敷地面積14,325平方メートル
竣工昭和57年6月
ごみ処理能力150t/24hr(ストーカ方式)
煙突鉄筋コンクリート造・角型・高さ59m
設計・施工日立造船株式会社

¶ 中央制御室

中央制御室

 焼却炉の運転、公害対策機器の監視・制御などすべての運転操作・管理が行われています。





¶ 施設の特徴

  • ダイオキシン類の発生を抑えています。
    大規模な排ガス高度処理施設整備工事を行い、
    最新の技術と最適な運転管理によりダイオキシン類の発生を抑えています。
  • 二次公害の心配はありません。
    クローズドシステムの採用により、汚水・排水は施設内で完全に処理されます。
    また、臭気も焼却脱臭され、場外には漏れません。
    捕集した集じん灰は、適切な処理の後、適正に処分されています。
  • 余熱エネルギーを有効利用しています。
    焼却炉の余熱は温水として回収し、暖房、浴室への給湯等に有効利用しています。
  • ごみ資源の再利用を推進しています。
    不燃・粗大・資源ごみからアルミ・鉄等を分別回収し、資源として再利用しています。

ごみ処理の流れ

ごみの流れ空気の流れ排ガスの流れ
 収集された焼却ごみは、計量後、ごみピットに入れられ、ごみクレーンによりごみ投入ホッパを通して焼却炉内へ投入されます。
 その後、ごみは炉内で乾燥・燃焼され排ガスと灰及び不燃物になります。
 ごみピット内の臭気を含んだ 空気は、押込み送風機によって、燃焼用空気として焼却炉内へ吹き込まれ、場外に出ることはありません。
 また、臭気対策として、空気吸引によりピット内を負圧にするとともに、プラットホーム出入口には、シャッターエアカーテン装置を設け、施設外への臭気漏れを防いでいます。
 ごみ焼却によって発生した排ガスは、まずガス冷却室内で水噴射によって冷却されます。
 その後、減温塔でダイオキシン類が再合成されない180℃前後までさらに冷却され、バグフィルターにより有害物質を除去します。
 清浄になった燃焼ガスは、誘引送風機によって煙突に送られ、大気中に放出しています。
 また、排ガス中の余熱を温水発生器により温水として回収し、施設内の暖房や浴室への給湯に利用しています。
灰・集じん灰の流れ粗大ごみの流れ汚水・排水の流れ
 焼却後の灰は、コンベヤで灰ピットへ移されます。また、ガス冷却室からバグフィルターまでの設備で捕集された集じん灰は、コンベヤによって処理装置へ送られ、重金属類の溶出防止のために薬剤(キレート剤)を添加して混練による安定化処理をします。
 灰及び固化灰は、最終処分場で埋立処分されます。
 収集された粗大ごみは、ストックヤードに貯留後、破砕機で砕かれ、磁選機で鉄分が回収されます。
 残ったごみは、不燃物を除去した後、ごみピットへ移されます。
 ごみピット内の汚水は、焼却炉内に吹き込まれ、温度調整に利用するとともに高温酸化処理されます。
 施設内での生活排水は、排水処理後、焼却炉とガス冷却室に吹き込まれ、排ガスの冷却に利用しています。

¶ 3Rについて

【リデュース:Reduce】【リユース:Reuse】【リサイクル:Recycle】
発生抑制再使用再生利用
 ごみも資源ももとから減らすことです。
 できるだけごみを出さない、作らない工夫をしましょう。
 できるだけ繰り返し使うことです。
 いらなくなったものをすぐ捨てずに、洗ったり直したりして繰り返し大切に使いましょう。
 資源として再利用することです。
 ごみとして捨てるときに、資源として活かせるように分別のルールを守りましょう。

画像の説明