¶ よくある質問

  • 美濃園の煙突から出ている煙のようなものは環境に影響ありませんか?

     煙突から排出しているのは有害物質を取り除いた後の水蒸気です。
     白く見えるのは、水分濃度や外気との温度差によって生じているものです。

  • ダイオキシン対策はどのように行っていますか?

     ごみ焼却炉内の温度は約900度にもなっています。
    排ガスは、このままでは処理できないため、一旦ガス冷却室に送り、冷却水で約450度以下に温度を下げます。
     ダイオキシンなどの有害物質を取り除くため、減温塔と呼ばれる冷却設備に送り、約180度以下に温度を下げ、バグフィルタ(ろ過集塵機)に移し、活性炭入り消石灰で処理し、水蒸気となって煙突から排出されます。
     煙突の下部に排ガス分析装置を備え付け、24時間測定を行うとともに法定測定を年4回実施します。
     取り除かれたダイオキシンや重金属類は「飛灰」と呼ばれ、薬剤で処理し、大阪湾の最終処分場で埋め立て処理しています。

  • 夜間、休日も操業しているのですか?

     焼却炉は、基本的には24時間休みなく操業しています。
     ごみの自己搬入は、平日及び祝日の午後1時30分~4時30分の間に受け入れています。
     香芝市と王寺町のごみ収集車と許可事業者の収集車は平日の日中に受け入れ、土曜日の午前中は許可事業者の収集車のみ受け入れています。


¶ お問い合わせフォーム